mochida_title_new

持田隆浩 (graba 美容師)

2013年9月11日更新

 

■美容師はカウンセリングが大事

mochida_3

――実際、ブログの内容については、情報性が高い部分もあると思います。

 なるべく読んでもらえるものを書きたいな、とは思っているんです。美容師しか知らないことや、知っておかないとダメなことについて、伝えていけたらな、というのが一番ですね。

 あとは、美容室がこれだけある中、自分はここにいますよ、と手を挙げないと誰にも気づいてもらえないので、アピールしているという面もありますね。

――ヘアカラーを楽しむうえで、お客さんの側が知っておいたほうがいいことはありますか?

 やっぱり、まずダメージを受けるものだよ、ということ。それと、やる人間によって全然変わってしまうということですね。塗布量や塗布時間が変わることで、同じ薬でも、経験によって仕上がりが全然違うんです。だから、突き詰めていくと、他の人に頼めなくなってくるんですね。

 それと、実は、ちょっとした失敗で、もう元に戻れなくなってしまうものなんですよ。ここでひとつミスをすると、すべてがおじゃんになるというところがあるんですね。こだわればこだわるほど、そこが大事になってくる。

 後々抜けてから綺麗になるかとか、次に染めやすかったりとか、何回も綺麗に染められるかとか、ダメージを負うながらも、次に繋げられるやりかたというのがちゃんとあるんです。

――そこまで微妙なものなんですね。

 アシスタント2年目のときに、カラーについては極めたなと思ったくらい、この分野だけはすごく分かった部分があるんですよね。カラーについて分かりすぎてしまっただけに、他の技術がそこまで到達しなくて不安になったりもします(笑)。他も得意なんですけれど、カラーについては自分の中で突出してしまっているので、ジレンマがあるくらいです。

――カラーについては、そのくらいスペシャリストであるわけですね。

 僕が得意としているのは、お客さんと話して、お客さんがやりたい、なりたいものをイメージすることです。これについては、他の人に負けないと思っているんですね。

 だから、例えば、雑誌で特集しているこのカラーにできる、とかではないんですね。いまの髪の現状を実際に見て、その状態に一番適したカラーを提案するんです。お客さんがやりたいと言っても、いまの状態では絶対に綺麗に出ないとしたら、こっちのほうがいいですよ、とお客さんに納得してもらって、喜んでもらえる仕上がりにできる自信はあります。

――一種のカウンセリングですね。

 そっちのほうが得意なんです。例えば、パーソナルカラーと言われる、眼の色に合わせてどうこう、みたいなウンチクは、僕は全然持っていないです。ああいうのは好きじゃない。

 例えば、髪の現状に合わせて、お客さんがやったことがない色を出して、喜んでもらうようなことが得意なんです。そういう、ちょっとひねくれた考えかたをしています(笑)。

――むしろ誠実な気がしますけれど(笑)。

 自己満足してしまう美容師が多いんじゃないかな、と思っているんです。綺麗なカラーでも、お客さんは違うと思っているかもしれないですから。

 そうじゃなくて、どれだけお客さんに良かったと思ってもらえるか。第三者が見て可愛いのと同時に、お客さん自身に喜んでもらえて、美容師の自己満足にならないよう、お客様の心の満足を心がけています。
 

>>■いっさい切らずにお客さんを帰すことも>>

 


あなたのお仕事おしえてください noimage

suzukim_title-

鈴木基平 (行政書士)

エンタメ著作権が専門の 新進気鋭の行政書士....2014年2月12日更新

kanai_title-

金井智子 (株式会社る・ひまわり 第2マーケティング部)

■テレビや雑誌に露出を仕込むには ――今 ….2014年2月5日更新

matsumoto_title-

松本知彦 (株式会社dig 代表取締役)

クリエイティブの会社で 人を幸せにする方法....2014年1月29日更新