matsuoka_title

松岡茂樹 (株式会社KOMA 代表取締役 家具職人)

2013年9月4日更新

 

■気持ちが乗っている家具を作る

matsuoka_2

――松岡さんが作っていらっしゃる家具は、どんなものになりますか?

 基本的には、無垢の木製家具です。どんなものかと言われると難しいんですけれど、お客さんが喜んでくれればどんなものでもいい。もちろん自分のこだわりはあるんだけれど、それはお客さんに喜んでもらうことに対するこだわりなので。お客さんが何を求めてくれるのかで、毎回変わるんです。

 いまの自分たちの技術であるとか、いまの自分たちの最大限を表現できるのが家具なんです。でも、こんな家具を作りたい、というのは、実はないんですよ。作ろうと思えば何でも作れるので。

――技術的には、ということですか。

 そうです。何を作るかよりも、その家具を作ることでどんなことを生むのかのほうが大事なんです。その「こと」を生む手段として、家具を作っていると思っているんです。

 だから、こだわりとか、技術を駆使していい家具を作るというのは、もう当たり前のことで。それよりも、その結果、どんな「こと」を生むかなんです。

 ただ売る売らないじゃなくて、どんなしつらえを家具で作るか。例えば、今回、日本橋三越でイベント展示(「日本橋三越の森」8/14~8/19まで開催)をやっていて、これは「デパートの中に森を作ろう」というコンセプトなんですけれど、そういう「こと」を作る手段のひとつとして、家具を作っているんですね。

――お客さんであったり、求めてくれる人が欲しがる家具を作るわけですね。

 一般的に言う「家具職人のこだわり」みたいなものは、たぶんすべて持っているので、あえて言うようなことでもないのかな、と思っています。例えば、カンナが切れるとか、手作業がどうとか、いい材料を使うとか。大口を叩きますけれど、そういうものは誰よりも持っていると思っているんですよ。だから、そんなものはもうどうでもよくて。

 差別化するとすれば、じゃあその先に何が生めるんだ、ということのほうが大きいと思っていますね。

――KOMAさんに家具をオーダーする人は、松岡さんの家具にどんなものを求めてくることが多いですか?

 よく「見た瞬間に、つい触りたくなっちゃって、触ったら買っちゃった」なんて言っていただくことが多いです。そこに、命みたいなものを感じてくれて買っていただけることが多いのかな、と思います。

 よく一生ものと言いますけれど、強度的には、たぶん普通の木の板だって室内保管すれば百年くらい持つんですよ。そうじゃなくて、壊れたときに、直してでも使いたいと思えるか。そういうものが、一生ものだと思うんですよ。そういう意味で、一生使っていたい、子どもに継がせたいと思ってもらえるものを作りたいと思っていて、それを感じてくれる人が買ってくれているんだと思っています。

 例えば、うちの母親の引き出しに、小さな革の手袋があるんです。それは、親父が結婚する前にデパートで「すごく手が細くて綺麗な女性の手袋を買いに来ました」と言って買ったものなんです。実際は手が大きくて入らなかったんだけれど、その気持ちが嬉しくて、いまでもとっておいてあるんです。そういうものって、用途も何もないし、物としては価値がないかもしれないけれど、捨てられないものですよね。

 そういう風に、人の気持ちが乗っかったものを作りたいと思っているし、それを感じてくれる人が買ってくれている、と思っています。そうじゃないとものを作っている意味もないですしね。

――気持ちが乗っかっている家具、というのは魅力的ですね。

 俺は一時期、例えば100円ライターが使い終わったらゴミになるように、すべてのものがいつかはゴミになるので、「いつかのゴミ」を作っているんじゃないか、と思ったことがあったんです。で、先輩に空間デザインのトップクリエイターの人がいて、その人に話したら「ものを作る人間は、おこがましいかもしれないけれど、ゴミなんかじゃなく、命を作ろう」と言われたんです。

 命って何かと言うと、例えば家具なら家具を、家族の一員のように思ってもらえること。誰かがそういう気持ちを抱いてくれたら、それはもう命だろうと。壊れても修理して使い続けたいと思ってもらえたら、それはもう命なんです。だから、そういうものを作ろうと。

そう言われて、なるほど、そりゃまたやりがいが出てきたな、と思ったんですよね。
 

>>■創作で作る椅子へのこだわり>>

 


あなたのお仕事おしえてください noimage

suzukim_title-

鈴木基平 (行政書士)

エンタメ著作権が専門の 新進気鋭の行政書士....2014年2月12日更新

kanai_title-

金井智子 (株式会社る・ひまわり 第2マーケティング部)

■舞台メインの宣伝会社として ――金井さ ….2014年2月5日更新

matsumoto_title-

松本知彦 (株式会社dig 代表取締役)

クリエイティブの会社で 人を幸せにする方法....2014年1月29日更新