変人列伝

2014年2月12日更新

時がたつのは早いもので、
「あなたの知らない自衛隊」も今回が最後の連載となりました。
今回はこれまで出会ってきた少し変わった自衛官を紹介してみたいと思います。
 

怒りに目覚めたスーパーサイヤ人「A士長」

時は夏季休暇、A士長は休暇で誰にも会わないのをいいことに、
髪の毛を完全な金髪に染めていました。
その後休暇が終わる前に髪の色を戻すハズが、不幸にも緊急災害呼集。
黒髪に戻す暇も無く金髪で集合する羽目に……当然部隊長は大激怒。
「自衛官らしい髪型にしろ!!」と怒鳴りました。
この時怒りに目覚めたA士長は、何と髪をOD色(いわゆる緑色)に!
確かに山では目立ちにくく、「自衛官らしい髪型」とも言えるのかもしれません。
当り前ですが、結局再度の大激怒→外出禁止のコンボをくらっていました。
自衛官が怒りに目覚めると髪の毛は緑色になるようです。
 

生粋の軍隊マニア「E2曹」

自分の階級がまだ低かった頃、陸曹(上官)部屋に呼び出されました。
部屋には全く明りが付いておらず、真っ暗闇。
しばらくすると部屋の奥から声が、「俺には見えているぞ…」
声の主は、部屋の中で「ロシア製暗視ゴーグル」を装着した満足げな「E2曹」でした。
そんな「E2曹」、部隊の厚生旅行でスキーに行くときも自衛隊迷彩のスキーウェア、
結婚式も部下数名で「制服」「旗」「ラッパ」「64式電動ガン」を揃えて儀仗隊仕様。
そんな「E2曹」も、ナチスSSの制服を着て外出しようとした際は警衛に止められていました。
警衛いわく、「階級章は外して下さい。」とのこと。
渋々ナチスSS大佐の階級章を外す「E2曹」、くれぐれもヨーロッパでは着ないように……。
 

高校の同級生

高校時代から特に親しかった「M氏」、彼は高校卒業後、プログラマーの道を選びました。
当時の彼は力に自信があるというよりも、どちらかと言うとインドア派であり、
漫画、アニメ、ゲームなどに興味を持つ至って健全な「オタク(自分同様)」でした。
そして彼が26歳の時、チケットが取れたので「富士総合火力演習」につれて行きました。
富士総合火力演習は、「戦車」「戦闘機」「戦闘ヘリ」「パラシュート」「偵察バイク」等々、
数日間で約4億円の弾薬代を使用するド派手な一般公開演習です。
毎回誰を連れて行っても喜ぶため、その時の彼の興奮も特に気にしていませんでしたが、
その後1年近くたって再会したとき彼は年齢制限ギリギリの27歳で自衛官になっていました。
ミリタリー関係も好きで、高校時代からモデルガンなども収集していましたが、
まさか自衛隊に入隊するとは夢にも思ってませんでした。(しかも駐屯地まで一緒)
オタク少年がバリバリの自衛官に。最近幹部候補生試験にも合格したらしく、
これから「曹長」「准尉」「3尉」「2尉」「1尉」…と幹部の階段を上っていくことでしょう。
今ではこちらが敬礼しなくてはいけない身分、人の人生とは分からないものですね。

その他にも詳しくは書けませんが、
・演習場に自生していた○○を持ち帰り、隊舎の屋上で栽培→逮捕
・昼間は女性自衛官、夜は外出して繁華街で○商売(○号計画中止の元凶)
・某巨大掲示板に自衛隊の暗号文で書き込み(保全監査隊が発見・解明?)
等々、その後どうなったのか気になってしょうがない隊員もまだまだ沢山います。

というわけで、全41回に渡りお送りした「あなたの知らない自衛隊」、いかがでしたでしょうか。
これを機に自衛隊に少しでも興味がわいてきたあなたへ……

27歳までのあなたは「自衛官」へ。
35歳までのあなたは「予備自衛官補」へ。
55歳までの医師、通訳、SEなど特殊技能をお持ちのあなたは「技術職の予備自衛官補」へ。
自衛隊はいつでもあなたをお待ちしております。

それでは、いつかまたどこかで。

jieitai_profile

SPRINGBANK4315: 皆様はじめまして、SPRINGBANK4315と申します。自衛隊の面白くも下らないウラ話を語っていきたいと思います。

バックナンバーはこちら

業界あれこれコラム noimage

sanjuna_title--

かく語りき楽日にて

小屋、または劇場で舞台作品が上演される期 ….2014年2月14日更新

gamegyoukai_title-

エンディング

こんにちは。404です。 ひょんなことで ….2014年2月14日更新

soccer_title-

さすがのサッカーも雪には勝てぬ

第四〇回でございます。 ちょっと雨が降っ ….2014年2月13日更新